第1回 RCMS サロン「生物学と数学との関わり」(2017年12月13日)

今回は「生物学と数学との関わり」を中心に3名の講師の方々に講演していただきました.

要項

日時:2017年12月13日(水)15:30 -- 18:00

場所:筑波大学第一エリア 自然系学系棟 D509

プログラム

15:30 -- 15:45 ティータイム

15:45 -- 16:15  石井敦(筑波大学 数理物質系)

       「結び目理論入門」 ``Introduction to knot theory''

16:30 -- 17:00  下川航也(埼玉大学 大学院理工学研究科)

       「DNA組換えと結び目理論」 ``DNA recombination and knot theory''

17:15 -- 17:45  桑山秀一(筑波大学 生命環境系)

       「細胞集団運動におけるソリトン現象の発見」 ``Discovery of biological soliton in multicellular movement''

         参考URL:http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~hidekuwayama

17:45 -- 18:00  ティータイム


当日の様子

  

関連資料

サロン開催後,下川航也先生より,ご講演の中でご紹介いただいた2編の論文に関する情報をお寄せいただきました.

FtsK-dependent XerCD-dif recombination unlinks replication catenanes in a stepwise manner,
Koya Shimokawa, Kai Ishihara, Ian Grainge, David J. Sherratt, and Mariel Vazquez.
Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 110 (52) 20906-20911 (2013).
http://www.pnas.org/content/110/52/20906.abstract

Pathways of DNA unlinking: a story of stepwise simplification,
Robert Stolz, Masaaki Yoshida, Reuben Brasher, Michelle Flanner, Kai Ishihara, David J. Sherratt, 
Koya Shimokawa, and Mariel Vazquez,
Scientific Reports 7, Article number: 12420 (2017).
https://www.nature.com/articles/s41598-017-12172-2

お問い合わせ

世話人:川村一宏(筑波大学 数理物質系)  

E-mail:kawamura*@*math.tsukuba.ac.jp (@の前後の*を取り除いてください)

Ċ
kazuyoshi yata,
2017/11/12 17:21
Comments