研究目的

本共同研究は、計算機代数(computer algebra)や数式処理 (symbolic computation) の理論の研究を行う研究者と、それらを応用し他分野の研究を行う研究者が集まり情報交換を行い、今後の研究の方向性を議論することを目的とします。

計算機代数は、数学的な対象を計算機上で代数的に表現し、対象への数学的操作を実現することを目的とするものであり、アルゴリズムの研究、システムの実装などの分野から構成されています。当初、計算機代数の応用として考えられていた、機械設計や制御などの分野以外においても、近年の数式処理システムの普及により、計算機代数や数式処理を活用した研究が増えてきました。

しかしながら、応用として計算機代数を利用する研究者は各自の専門分野において研究成果を発表しており、計算機代数の理論の研究者がその利用方法を知る機会は少ないのが現状です。逆に、計算機代数を利用する研究者はすでに製品化されているシステムを利用していることが多く、研究・開発段階の理論に触れる機会は限られている面もあります。

そこで、本共同研究では、理論・実装・応用の各研究者が互いの研究の最新状況について情報交換を行い、相互的かつ相乗的に刺激し合う場を持つことで、計算機代数の研究をより深化させることを目指すとともに、計算機代数の[理論]と[応用] に加え、最先端の数学研究や工学に幅広く応用されているにも関わらず掲載する学術雑誌が非常に少ない[実装]の分野の研究も含めて講究録として公刊し、広く一般に成果を公開します。